新卒の転職の手順と注意点

新卒退職

  • HOME
  • 新卒の転職の手順と注意点

新卒の転職の手順と注意点

新卒社員で転職活動をする時、どんな事をイメージしますか?

学生の時の就職活動と状況が違うのは何となく思い浮かぶと思いますが、初めての転職活動なのでいまいち細かく想像が出来ないかと思います。

まず、転職活動の大まかな流れは、@転職活動をする、A転職先が決まる、B退職願を提出する。C引き継ぎをする、です。

一番重要なのはB退職願を提出する。このタイミングはとても重要です。

提出する時は転職先が確定してからをおすすめします。というのも、退職後は転職先が見つかるまで収入がありません。

また、多くの企業は退職金が出るのは社歴3年以上なので、新入社員で退職した場合は退職金が貰えないので金銭面に注意をしてください。

転職活動は仕事と並行しながらの活動となります。なので、思うようにスケジュールを組む事ができない場合があります。

例えば、必ず定時で上がれる場合は仕事の終わりに面接を受けに行く、有給休暇を取得しやすい場合はそれを利用して選考を受けに行く。

職場の環境が整っていれば転職の活動はしやすいです。

しかし、残業が多かったり、休日出勤の確率は高いなど、仕事の拘束時間が長い人はなかなか難しかったりします。金銭面を考えるとあまりオススメ出来ないのですが、思い切って退職をして転職活動に集中するのも一つの方法だと思います。

この場合、もしも一人暮らしをしている人はある程度貯金が貯まってから実行しましょう。転職活動は交通費もかかるので、普段以上の予算が必要になります。

最後に、引き継ぎです。

もしあなたが後輩がいる立場の場合、退職の理由がどんなものであれ、社会人として後任となる人へ責任を持って引き継ぎをしてください。

私は退職した先輩から業務を引き継いだ経験がありましたが、引き継ぎ内容はとても簡単なもので苦労した経験がありました。

転職したから終わりではなく、あなたが今までやってきた仕事は残される人が行う事になるので、後任の人が苦労しないような引き継ぎを心掛けるとお互い気持ちよく退職をすることが出来ると思います。

Copyright (C) 2016 新卒で退職しようか悩んでいるあなたへ All Rights Reserved.

Page Top